【選考対策】人事職に就くための自己PRや志望動機

転職の際に切っても切れないのは書類や面接といった選考。

職種が異なると、求められるものも異なりますが、人事職を志望する場合はどのような点で対策を考えたら良いのでしょうか。

では、順を追って考えていきましょう。

整理するもの

選考は自身のことをアピールする場です。
そのために整理しておかなければならない情報が2つあります。

1つは人事職の業務の領域について。
もう1つは、ご自身のスキルについてです。
そのうえで、何をアピールするのかを取捨選択し、相手に考えが伝わりやすいような構成を意識していきましょう。

PRの観点

では、まず人事職の業務の領域についてのおさらいです。
こちらのトピックでも簡単に触れました通り、大きく分けて4つの領域があります。(コラム『未経験から人事になれる?なれない?』)

それぞれの業務を専任あるいは兼任するかについては、会社によって異なります。
しかしどこに配置しても安心できる汎用性の高い人材であることをアピールするためにも、次の能力や特性を意識してPRしてみましょう。

第一に計画力。
人事職の業務は、企業に直接的に利益をもたらすものではありません。そのため、比較的与えられる予算は少ないという現状です。
その限られた予算内で、かつ中長期的にどのように物事を進めていくかをあらかじめ計画する力は欠かせません。
人事職未経験であっても、数値目標を意識して取り組んできた経験は評価されます。

次にコミュニケーション能力。
特に採用や教育研修の業務においては、他部署の方々に貴重な時間と労力を借りることも多く、その協力を円滑に頂くためにも欠かせません。
人事職に限らずとも社会人基礎力の1つであり、わざわざ選考の場で明言する必要はありませんが、最低限面接を通して示していきたい能力です。

もし可能であれば信頼性。
デリケートな情報が集まりやすい部署であるため、前提として分別の弁えている人でなければ配置することはできません。
衝動的な人には向いてないでしょう。
業務では社員のモチベーションを保ったり、評価を担ったり、面接時に候補者から本音を引き出したりなど、公平性を欠かさず対応していく必要があります。
現職で社内外から信頼性においてどのように評価されているのか、なかなかエピソードでは難しいかもしれませんが、可能であれば示していきたい特性です。

ここで注意点ですが、その会社の求人情報を読むと、具体的にどの領域について求めているかが書かれている場合がありますので、それを見逃さないようにしましょう。
たとえば採用のお仕事をしてみたいと思っていたとしても、募集しているのが労務専任の場合もあります。

志望動機の観点

よくありがちなのが「採用をしてみたい」といった一側面的な志望動機。
既にお話した通り、人事職の業務は多岐に渡ります。
そこについてしか理解がないように判断されてしまうと損することに。
たとえその動機が主な理由であったとしても、他の業務にも関心があることを示しておきましょう。

そのうえで人事職としてどのようにして企業に貢献したいのかについて伝える必要があります。
自らのwillだけでは採用するメリットを与えることができていませんので、前述したPRを念頭に入れた具体的な提案をすることで、貢献できる人材であると評価されるでしょう。

とはいえ、その会社にどのように貢献できるかについては想像の域を脱しないため、提案するのが難しいと思います。

何故その企業が人事職を募集しているのかについては、その会社のビジョンやミッション、時流などからおおよその予想を立てることは可能です。
それが正解である必要はなく、想像のままでも構いません。
自身として貢献のあり方をどう考えているのかでアタリを付けて、「そもそもの動機」×「貢献できるPR材料」で構成してみましょう。

(おまけ)PRのプラスαになる資格

PR材料を少しでも増やすための一環として資格によるアピールも可能です。
関連資格を取得していると、知識や能力の根拠になり、経験者との差を少しでも埋めるツールになり得ます。

その関連資格として我々は「リクルートプランナー」という民間資格を発行しています。

これは採用担当としての実用的な戦略設計知識や技能、採用側の視点や意識を修得していることを保証する資格です。

この資格を修得するにあたって、”HR Training Camp“(以下HRTC)という無料の1日集中講座を設けております。

志望業界や現職の企業を仮定し、採用計画を設計するまでがミッションとなっているため、たった1日とはいえ研修終了後には採用戦略設計の考え方を習得いただけます。
また、ワークショップ形式かつ1グループ1名の講師がついた完全ハンズオンの指導形式により、最後まで挫折せず学び切ることができます。

ご希望であれば元大手人材業界のキャリアコンサルタントによる、人事職に向けた転職サポートも行います。
是非、詳細をご確認いただき、ご検討下さいましたら幸いです。

関連記事

  1. 【はじめての採用】結果が全て!?成功に向けた正しい過程の見つめ方

  2. 未経験から人事になれる?なれない?